海外留学の奨学金とは?

教育を受けるにはお金がかかる、というのが考え方の基本です。
留学にも大変なお金がかかります。

海外留学の奨学金とは?

現実問題として、レベルが高い大学ほど学費も高く、反対にあまりに安い大学はレベルも低いものです (そうでない場合もあります)。
受け入れ学校側の考え方として、優秀な学生であれば、資金を与えて自校に入学するチャンスを与えるという目的で、また、送り出す側としては政府関係機関、民間団体などが国際交流の促進を図ることを目的として奨学金を提供しています。

留学生に対する奨学金の種類や額はそれほど多くありませんが、日米両国のさまざまな機関が、日本人留学生を対象とした奨学金を提供しています。
日本にいた時の過去の成績や実績を考慮し、競争率も高いため簡単ではありませんが、挑戦してみる価値はあります。

奨学金というものは原則として卒業後定められた期間内に返還するものですが、アメリカでいうスカラーシップ(scholarship)とは、成績優秀な人に与える賞で、そのお金は後々返す必要はありません。
それぞれの奨学金制度に挑戦する上で確認しておく必要があります。

アメリカの大学の中には、GPAやボランティア活動により授業料が割引になる場合などがあります。

基本的には奨学金の対象となる留学は、学部または大学院への進学留学です。
語学留学を対象とした奨学金の制度はほとんどありません。

進学留学の奨学金の場合、上述のように、受け入れ側の大学内での奨学金と、送り出し側(日本)で受ける奨学金があります。

大学にお願いする奨学金は、最低でも留学して1学期が過ぎた時点で、その人の成績等の事情を審査してもらうことになります。
しかし必ず受かるとは限りませんよ!

日本で段取りをしていく場合は、英語力や日本での過去の成績などが審査の対象になります。

留学にはお金がかかる!

留学する場合、一般的にはご両親をはじめ、ご家族に費用を負担してもらう場合が多く、その負担はそれなりの金額となります。
日本で普通に公立学校に通うのにかかる金額よりは高くなるのが一般的です。

今では現地でのアルバイトも制限されていますし、親元から学校に通うのとは違い、もう一つの生活空間を確保しなくてはならない分、生活には節約が必要です。
留学にはどんな費用がかかるのでしょうか?

おおまかな概要として下記のように大別されます。

留学手続き時の諸費用

情報収集のための雑誌やその他。
パスポート、ビザ等含む全て。

節約ポイント

為替相場を良く見るようにして資金を準備しよう。

留学先大学の授業料・教材費等

アメリカでは教材費はとても高い。
中古品として売れる。
外国人の授業料は高い場合が多い。

節約ポイント

田舎の公立校を選ぼう。
授業料も生活費も安い。

宿泊や食事等の生活費

滞在費、食費、熱費、水道代、電話代、インターネット等
一人暮らしは外食だと食費が高い。
日本食レストランは高い。

節約ポイント

お金が無い人は寮に住もう!
日本食を我慢する。

往復渡航費

航空チケット
海外旅行保険

節約ポイント

日本に帰る頻度を下げよう!さびしいかもしれないけど。

娯楽や現地の移動交通費等の雑費諸々

交際費(外食等)
交通費(車、車のガソリン代、車の保険料)

節約ポイント

お金のかからない遊びを!
ビーチや学校内の施設を利用!

結局、留学にはいくらかかるのか?

JTNにくるメールで「結局いくら貯めたらいいの?」「年間いくらあったら暮らせるの?」というご質問をいただきます。
いつも答えに苦慮してしまうのですが、結局、「場所や学校によりますね」としか答えようがありません。

アパート物件では、立地やセキリティーなどで値段はピンキリです。
生活費用を安く済ませたいのであれば、ホームステイがベター、ファームステイ(農場で働きながら留学)なら滞在費をゼロにできます(ワーキングホリデーに限る)。

それら最低生活費用に、学校費用、航空券、海外保険、個人的支出を加算しますと「年間○○円」かかるとは言い辛いのです。

留学費用の計算に一番大事なのは毎日の生活費です。
学校費用やその他はもちろんですが、毎日いくらかかるのかは大事な目安です。