使える英語・使えない英語

言葉は教科書言葉と会話言葉がある!

当たり前の話ですけど、私達はいつも文法を気にしたきれいな日本語を話しているでしょうか?そんなことはありませんね。全ての日本語単語の意味を記憶しているでしょうか?それも違います。難しくてわからない言葉があれば、簡単な言葉で説明してもらって理解しています。英語も同じです。ある程度の言葉がわかってくれば、コミュニケーションは可能です。大学教授と専門分野で討論しようというわけではありません。(そんなことは日本語でも出来ませんね。)普通の会話ができれば困らないわけです。

なぜ日本人の英語はおかしいのか?

 
日本語英語、日本人英語という言葉を聞くことがあります。日本語英語(和製英語)とは、日本人が作ってしまった英語みたいな日本語のことで、本来の英語ではそのような言葉はない、という場合に使い、日本人英語とは、日本人の独特な英語発音のことを指すようです。日本語英語を日本人英語で喋っていれば、全くおかしな英語であって通じるわけもありませんが、そういう人はあまりいないでしょう。では、なぜ日本人の英語がたまにおかしく聞こえるかといいますと、一例では、I が主語になるか、It が主語になるかをよく間違えるからです。

良くあるパターン : I’m boring. (私はつまらない人だ)
 

自信を持って大きな声で話そう!

 
通じなくて当たり前です。とにかく大きな声で話しましょう。聞こえなければどうせ通じないのですから、大きな声で聞こえればもしかしたら通じるかもしれません。

禁断のスラング(絶対に使わないように!)

スラングって面白いですが、なかなか学べないものですね。使えるスラングは今後、このホームページのトップで随時ご紹介していきますが、いわゆる、使ってはいけない言葉はこちらでこっそりご紹介します。

Air head(あほ)
Asshole(馬鹿野郎)
apple butter(でたらめ)
Butter ball(ぽっちゃりした女性)
Cabbage head(馬鹿)
Egg head(インテリぶっている野郎)
Mutton head(間抜け野郎)
Cheese cake(セクシーな女性)
Chicken(意気地なし)
Dear John(別れて欲しいという内容の手紙)
Drugstore cowboy(ナンパ野郎)
Mickey Mouse(くだらないこと)