世界の中で日本人として

外国人の留学生とお話をしていますと、多くの方が「留学後その国で就職し、やがて将来は本国に帰って何かをしたい」という方が多いように感じます。対して日本人留学生はどうでしょうか?

日本への失望感が強いのでしょうか、二極化が進んでいるようです。まず、その国に住み仕事をしたい派。昔はこのような方はアメリカ留学組に多かったのですが、今は中国留学組に多いように思います。すさまじい発展を続ける中国へ何かを感じるのでしょうか。日本企業に就職、或いは自分で起業?して中国で働きたいという人を多く見るようになりました。一方、日本人として国際感覚を身に付け日本で働きたいという人も多く、前述のような中国の発展、ナショナリズムの台頭に合わせ、「日本を復活させよう」というご意見も多く聞くようになりました。

アメリカと中国、そしてヨーロッパ。今後の世界の主導権は?

過去500年、コロンブスに代表される大航海時代、スペイン、ポルトガル両国の台頭、そして、オランダ、イギリスの時代。世界は略奪と戦争、奴隷制と産業革命の中にありました。そしてイギリスの植民地であったアメリカの独立戦争。その後のフランス革命。その後もヨーロッパの戦争は続き侵略は止まらず、アメリカは領土を西へと拡大していきました。日本は日清・日露戦争へと進み、その後世界は第一次世界大戦、第二次世界大戦へと進んでいきました。戦後の冷戦、アメリカ対ソビエトという二極で世界が分断され、代理戦争が繰り返されました。その後、東ドイツ崩壊から拡大した共産主義諸国の崩壊、ソビエトの崩壊を迎え、世界は唯一超大国のアメリカを中心に廻る構造になりました。

そして現在、テロ、民族紛争、宗教対立など、世界は新しい対立構造を生みだしました。資本主義経済体制の誘致に成功しつつある共産主義国中国の急速な発展と大国化は今後の世界にどのような影響を与えるのでしょう?アメリカ、ヨーロッパ、中国という国家三極、そして反米的なテロ支援国家、テロ組織、表向きは正義の大国VS悪。現実社会では大国同士の利権争奪戦と言ったところでしょうか。私達のニッポンはどこに向かうのでしょう。

負けるな日本人!

最近、経済も外交もちょと出遅れた感のある停滞ニッポン。税金が上がります、年金も上がります。消費税も上がります。失業率は下がりません。就職先はますます減っていきます。新聞、ニュース、雑誌、あらゆるメディアが語る中国脅威論、アメリカ批判、日本経済悲観論、さて、私達の未来はどうなっていくのでしょう。

TOMMOROW IS NOT YOURS.

今日毎日を一生懸命、楽しく、大切に生きましょうという人あり、将来に備えて確実に努力を積み重ねて行こうという人あり、多くの普通の日本人は迷っています。どうすれば今のままでいれるのか、昔のような時代がまたこないかなぁと、答えが見つからないからです。

未来の日本を担う次世代の主役、留学生をはじめとする学生さんは、さて、どうしましょうか?日本全体に新世紀早々から降る雨の中、全て諦めて放浪生活でもしましょうか。それとも夢を持って頑張りましょうか。辛いことにも耐えましょうか。

留学生の皆様、日本を世界に誇れる国にするには、そしてその先で自分が幸せになるには何をするべきか、海外に出た皆様からはどうみえるのでしょう?外から見るニッポンの姿はどうですか?今までの印象と違いますか?あなたには何ができますか?