🇲🇾マレーシアの大学卒業後に直面するリアル😵💦 #マレーシア #マレーシア留学 #マレーシア移住

ギャップを埋める:マレーシアとニュージーランドにおける留学生の就職の可能性を探る

はじめに

国際教育の人気が高まるにつれ、生活費の安さからニュージーランドよりもマレーシアのような国を選ぶ学生が増えている。このような学生は、卒業後により良いキャリアの機会を確保するために、多額の資金を教育に投資している。しかし、この記事では、マレーシアとニュージーランドにおける留学生の雇用見通しが対照的であることを検証し、マレーシアの卒業生が、コスト面での優位性にもかかわらず、ニュージーランドの卒業生に比べて就職の可能性が低いことを明らかにする。

マレーシアの低い生活費の魅力

マレーシアは、手ごろな費用で質の高い教育を求める留学生に人気の留学先として浮上している。生活費が安いという魅力が、世界の様々な地域からマレーシアへの留学を希望する学生を惹きつけている。経済的な利点があるにもかかわらず、旅は費用が安いだけでは終わらない。学生たちの最終的な目標は、学業修了後に有望な就職先を確保することである。

ニュージーランド留学のメリット

一方、ニュージーランドは一流の教育ハブとして、留学生を歓迎する環境が整っています。卒業後の就労ビザが開放されているため、ニュージーランド国内で多様なキャリアの可能性を追求することができます。

マレーシアにおける留学生の就職

マレーシアを選択した留学生は、留学期間中の生活費を節約できる一方で、多くの留学生が卒業後の就職で大きな問題に直面する:

a) ビザの制限: a)ビザの制限:ニュージーランドのオープンワーキングビザポリシーとは異なり、マレーシアのビザ規制は、学業を終えた留学生が国内で働くことを許可しない場合がある。この制限により、彼らは帰国を余儀なくされ、習得した知識や経験を現地の雇用市場で活用するチャンスが減少する。

b) 地元卒業生との競争: マレーシアの留学生は、限られた就職機会をめぐって地元の卒業生と競合することが多い。雇用主は、現地の文化、言語、仕事のやり方に精通しているため、現地の候補者を好むことがあり、留学生が職を確保するのは難しくなる。

c) 資格の承認: 国によってはマレーシアで取得した学位を完全に認めていない場合があり、留学生が母国に戻って就職の機会を求める際に直面する課題がさらに増える。

ニュージーランドの有利な環境を利用する

ニュージーランドのオープンワーキングビザ(就労ビザ)政策は、留学生の就職に大きな追い風となる:

a) 広い雇用市場 a) 幅広い雇用市場:オープンワーキングビザは様々な業界で働くことを可能にし、時間的制約のプレッシャーから解放され、貴重な経験を積んだり、キャリアパスの可能性を探ったりすることができる。

b) スキルの保持: この政策は、卒業生が専門知識を活かしてニュージーランドの労働力に貢献することを奨励し、国の経済成長に貢献するとともに、より多様で包括的な社会を育む。

c) グローバルな流動性の強化: ニュージーランドでの就業経験を持つ卒業生は、他国での就業機会を求めやすくなり、グローバルな雇用市場での競争力が高まる。

結論

留学を選択することは、留学生にとって人生を変える決断であり、マレーシアのような国の生活費の安さに惹かれる人も多い。しかし、マレーシアとニュージーランドの卒業後の待遇の格差は、留学生の就職先を調べると明らかになる。

マレーシアは留学期間中の経済的な利点がある一方で、卒業後の就職先の少なさとビザの制限が、留学生にとって大きな課題となっている。これとは対照的に、ニュージーランドのオープンワーキングビザ政策は、卒業生がキャリアをスタートさせ、貴重な実務経験を積むための、より有利なプラットフォームを提供している。

国際教育が進化し続ける中、マレーシアの政策立案者は、卒業生がシームレスに就職市場に移行できるような施策を検討することが不可欠である。卒業後の待遇差を埋めることで、マレーシアは有能な人材を引き付け、維持し、労働力を強化し、真のグローバル化世界における国家の成長に貢献することができる。ギャップを埋める:マレーシアとニュージーランドにおける留学生の就職の可能性を探る

はじめに

国際教育の人気が高まるにつれ、生活費の安さからニュージーランドよりもマレーシアのような国を選ぶ学生が増えている。このような学生は、卒業後により良いキャリアの機会を確保するために、多額の資金を教育に投資している。しかし、この記事では、マレーシアとニュージーランドにおける留学生の雇用見通しが対照的であることを検証し、マレーシアの卒業生が、コスト面での優位性にもかかわらず、ニュージーランドの卒業生に比べて就職の可能性が低いことを明らかにする。

マレーシアの低い生活費の魅力

マレーシアは、手ごろな費用で質の高い教育を求める留学生に人気の留学先として浮上している。生活費が安いという魅力が、世界の様々な地域からマレーシアへの留学を希望する学生を惹きつけている。経済的な利点があるにもかかわらず、旅は費用が安いだけでは終わらない。学生たちの最終的な目標は、学業修了後に有望な就職先を確保することである。

ニュージーランド留学のメリット

一方、ニュージーランドは一流の教育ハブとして、留学生を歓迎する環境が整っています。卒業後の就労ビザが開放されているため、ニュージーランド国内で多様なキャリアの可能性を追求することができます。

マレーシアにおける留学生の就職

マレーシアを選択した留学生は、留学期間中の生活費を節約できる一方で、多くの留学生が卒業後の就職で大きな問題に直面する:

a) ビザの制限: a)ビザの制限:ニュージーランドのオープンワーキングビザポリシーとは異なり、マレーシアのビザ規制は、学業を終えた留学生が国内で働くことを許可しない場合がある。この制限により、彼らは帰国を余儀なくされ、習得した知識や経験を現地の雇用市場で活用するチャンスが減少する。

b) 地元卒業生との競争: マレーシアの留学生は、限られた就職機会をめぐって地元の卒業生と競合することが多い。雇用主は、現地の文化、言語、仕事のやり方に精通しているため、現地の候補者を好むことがあり、留学生が職を確保するのは難しくなる。

c) 資格の承認: 国によってはマレーシアで取得した学位を完全に認めていない場合があり、留学生が母国に戻って就職の機会を求める際に直面する課題がさらに増える。

ニュージーランドの有利な環境を利用する

ニュージーランドのオープンワーキングビザ(就労ビザ)政策は、留学生の就職に大きな追い風となる:

a) 広い雇用市場 a) 幅広い雇用市場:オープンワーキングビザは様々な業界で働くことを可能にし、時間的制約のプレッシャーから解放され、貴重な経験を積んだり、キャリアパスの可能性を探ったりすることができる。

b) スキルの保持: この政策は、卒業生が専門知識を活かしてニュージーランドの労働力に貢献することを奨励し、国の経済成長に貢献するとともに、より多様で包括的な社会を育む。

c) グローバルな流動性の強化: ニュージーランドでの就業経験を持つ卒業生は、他国での就業機会を求めやすくなり、グローバルな雇用市場での競争力が高まる。

結論

留学を選択することは、留学生にとって人生を変える決断であり、マレーシアのような国の生活費の安さに惹かれる人も多い。しかし、マレーシアとニュージーランドの卒業後の待遇の格差は、留学生の就職先を調べると明らかになる。

マレーシアは留学期間中の経済的な利点がある一方で、卒業後の就職先の少なさとビザの制限が、留学生にとって大きな課題となっている。これとは対照的に、ニュージーランドのオープンワーキングビザ政策は、卒業生がキャリアをスタートさせ、貴重な実務経験を積むための、より有利なプラットフォームを提供している。

国際教育が進化し続ける中、マレーシアの政策立案者は、卒業生がシームレスに就職市場に移行できるような施策を検討することが不可欠である。卒業後の待遇差を埋めることで、マレーシアは有能な人材を引き付け、維持し、労働力を強化し、真のグローバル化世界における国家の成長に貢献することができる。

FP YUKOのLINE@登録はこちらから✨
限定お金情報・海外キャリア・海外生活情報など発信中
https://lin.ee/eUTEeCJX

#マレーシア #マレーシア留学 #マレーシア移住

関連動画:
海外生活こんなハズじゃなかった【鬱にならないための対処法】

有益情報!【出国前にすべきこと】これだけは日本で手続きしておこう!

海外移住組は勝ち組じゃない・長期海外生活して分かる事・奥深い

【日本脱出】厳しい海外生活…覚えておくと得する心得

海外で通用する人材になった方が稼ぎ口は多くなる事実

YUKO HP
FP相談・お問い合わせ
http://yukooshiro.com/