日本の高校生のニュージーランド留学 [英/日/韓字幕]

皆さん、こんにちは。 ジェイソンです。 今日の動画は我が校で2年間留学をして、日本に帰ってきたショウタ君のインタビュー動画です。ニュージーランドで英語だけでなくいろんな国の友達と交流しながら多くのことを学び、そしてこれから大学でグローバルな視点で法学と社会学を勉強したいと思っている生徒です。

この動画が、早期留学を考えている生徒や保護者の方に少しでもお役に立つと思います。

留学エージェントからは聞けない内容、そして詳しい相談が必要な方は、下記のメールアドレスにて有料相談についてお問い合わせてください。相談には費用がかかりますが、相談を通して得る情報により留学費用を節約でき、留学の失敗率を下げることができます。

相談はzoomで行われます。

メールアドレス: newzealand1907@gmail.com

#jasonthepolyglot #ニュージーランド #高校留学

やあ、しょうた!

こんにちは!

調子はどう?

いい感じです!

本当にひさしぶりだね

すごい、久しぶりですね。

元気なの?

はい。そこそこ(笑)

そこそこ?(笑)

じゃあ、インタビューを始めよう。

はい。

簡単な自己紹介をお願いします。

僕の名前はしょうたです。僕は日本人で、大学受験にむけて勉強をしている高校3年生です。

ニュージーランド留学のきっかけは?

僕の通っている高校が、ニュージーランドの学校と姉妹校提携を結んでいたからです。

長期留学を決めた理由は?

短期留学も魅力的だったんですけど、短期留学だと英語力がなかなかつかなかったり、ニュージーランドの文化もたくさん知ることができないなぁと感じて、ただ長期だったら、

そういう英語力の向上も文化も、たくさん色んな人とも触れ合えるなと思ったので、少しお金はかかるんですけど長期留学を選択しました。

ニュージーランドの学校での初日はどうだった?

日本語を話せる人も少なくて、自分も英語を話せない状態だったので、「次の授業はどこに行けばいいんだろう」みたいな、困ったことはたくさんありました。

でも、周りの人がすごい優しくて、「次はこの教室に行けばいいんだよ」と教えてくれたので、一人でずっと困っているって言うことはなくて、みんなが助けてくれてなんとか生きて過ごすことができました(笑)

ニュージーランドの教育と日本の教育の大きな違いは?

日本の学校では教科書があって、その教科書に沿って勉強したり、教科書を覚えて、それがテストに出たりすることが多いと思うんですけど、ニュージーランドだと、

あまり教科書とかはなくて、自分で資料とかを調べて論文を書いたり、科学の授業でも教科書を見ることはすごい少なくて、

実験をたくさんして、自分で理解度を深めていくっていうことが多かったので、そこは日本とニュージーランドの大きな違いだと思いました。

ニュージーランドの生徒から学んだらいいことは?

ニュージーランドの生徒は、何をするにもすごく積極的で、自分を持っているというか、自分の意見を言ったり自分のしたいことを意見するっていうことを怖がることが少ないなぁと感じました。

それに対して日本人の生徒は周りの目とか周りの人を気にしたりすることが多くて、もちろん場合によってはそれはすごくいいことなんですけど、

でも場合によってはもっと自分の意見とかを発言したほうがいいときもあるので、ニュージーランドの生徒からはそういう積極性の大切さを学ぶことができました。

日本に戻ってから、日本の学校に馴染むことは難しくなかったの?

最初は少し不安とかもあったんですけど、戻ってみれば前と同じような感じで過ごすことができました。

高3の受験生として、学校生活はどのように過ごしたいの?

受験が迫っているので、ニュージーランドで培った英語力を失わないように英語の勉強と、その他の受験で使う教科の勉強を頑張りたいと思っています。

今目指している大学は?

この大学!っていう決まった大学はまだ曖昧なんですけど、ニュージーランドへの留学とかニュージーランドで経験したロックダウンとかを通じて、

日本と海外の法律の違いにすごく興味を持ったので、そういったグローバルな視点から法律とか社会学を学べるような大学に進みたいと思っています。

最後の質問は英語で答えてくださいね。

はい、オーケー

留学を考えているみんなにニュージーランドをおすすめしますか?

はい。ニュージーランドはとても安全で、現地の人たちもとてもフレンドリーです。また僕は一度も人種差別を経験しませんでした。

なので、私はニュージーランドは世界で一番留学に適した国だと思います(笑)

しょうた、今日は本当にありがとう。近いうちに福井で会えることを願ってるよ。

その時はお寿司おごってくださいね。

もちろん!

じゃあまたね!
また!

中国人だからこうだ、とかマオリだからこうだ、という偏見を持つことがなくなりました。
  あ、英語力がついたのと日本の学校でもニュージーランドの学校の生徒みたいに積極的に発言できるようになったりはしました。