シドニー留学ストーリー オーストラリアの専門学校で幼児教育を学ぶ

シドニーある州立の専門学校TAFE NSWで幼児教育を学び、帰国を目前に控えたRihoさん。
留学生活での苦労も乗り越え、そこから得たこととは?

無料相談はこちらから!https://www.aswho.com/inquiry
チャンネル登録はこちらから!https://bit.ly/2O6lpuz

【TAFE 留学ステップ】

TAFE/専門学校進学ステップガイド

【TAFE NSW】

TAFE詳細

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/aus_ryugaku/
現地6都市から更新しています!

#オーストラリア留学 #シドニー留学 #オーストラリア留学センター

私がこの留学期間を通して変わったな成長したなと思うことは

幸せに対しての考え方が変わったことです

私はオーストラリアのシドニーに留学して幼児教育を1年半学びました

私が通ったTAFEという州立の専門学校では

チャイルドケアコースは留学生も含め50名くらいいて日本人は私だけでした

授業の一環で地球環境の勉強をしました

そのクラスではプラスチックを使わないリサイクルしたものを使っておもちゃを手作りしました

いつも実習で使う用の写真が入ってます

子供たちが書いた絵とか作品を残しています

私は日本の自然豊かな小さな町で育ったんですけど

でもシドニーにはビーチや公園など
自然もいっぱいあって

よく公園でリフレッシュしていました

私は本が好きで中でも図書館よりは本屋さんで買ってしまう派です

日本では英語の本といえばIELTSの参考書を読む程度だったけど

こっちに来てからは幼児教育の本や絵本もいっぱい読んだし

自分に刺激を与えてくれる英語の本を見つけるのとかも楽しかったです

そんな私でしたが留学して1年半くらい経った頃に

慣れない実習とか、日本にいる家族の不幸が重なって、すごく落ち込んで体調を崩した時期がありました

でもそのとき昔お世話になったホストファミリーが

温かいメッセージやお花を届けて下さったりして、本当に感動したし

すごい励まされました

We have Riho living with us, love you Riho!

til I meet you again

また新型コロナウイルスの影響でオンライン授業になった時は

当時シェアハウスに住んでいた私にホストファミリーが

しばらく彼らの家からオンライン授業を受けたらどう?と提案してくれました

ホストファミリーのお孫さんがまだ3歳以下なので

会うときには自分の授業で学んだことを実践することができました

例えば子供へ何かを伝えるときの言葉遣いだったり

授業で学んだ曲を教えてあげたりすることで

自然と教育者としての自分に自信がついてきました

私がこの留学期間を通して変わったなぁ成長したなと思うことは

幸せに対しての考え方が変わったことです

留学する前までは幸せっていうのは
自分が嬉しかったり楽しい時だけだと思ってたんですけど

今思うのはそういう辛かったり大変なことも最後は自分の糧になるんだから

マイナスなことも全部含めて幸せだと思えるようになりました

あと私も困っていると笑顔にしたいとより強く思うようになりました

日本に帰国後はインターナショナル保育園などで働いて

色んな経験を積んでいろんなことに挑戦したいと思っています

将来は自分が、発展途上国の子供たちも含め

たくさんの人の支えになる人になりたいです